--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.02

cinema☆cinema。。。

cinema☆cinema買って来ました。
想像以上に大量の既出で、そしてもうカッコよくって、久しぶりのこの感じ↑
暫く、込み上げる喜びに浸ってしまいました。
今の仁クンももちろん大好きで、ナツの頃のビジュアルも堪らない
あ、こっから先長くなると思います。爆
なが~いヒトリゴトなので、スルーしてやってください(*^.^*)笑

☆★☆☆★☆☆★☆
インタビューでは、ナツを客観的に見てる仁クンがとっても印象的でした。
“僕だったら、2人のようなこんなあいまいな距離感の恋愛はナシです。無理っすね(笑)ハッキリさせます!”
そんな風に話す仁クンが大好きだなぁっと思いながら読んでました。
このインタビューでは、仁クン、かなり自分を出してくれてるので読むのが凄く楽しかったです。
ホント、この人って笑っちゃうくらい自分をそのまま表すことができる人だなぁって。
私は隠しまくりなので。笑
それは仁クンには普通のことだとしても、とっても素敵なことなんだよっと^^

ナツは“基本的には僕とは全然違う”と。
でも、“こいつバカだなぁ”という仁クンの言葉が凄くよくわかって、ナツがどんな男の子なのか伝わってきます。
そして“僕は―”っと自分のこともたくさん話してくれてる。
ナツは仁クンとは全く別人で、でも、そんなナツも仁クンも“真っすぐな思いは唯一似ている”っと。
そんな真っ直ぐさは、周りの人達がすべて賛同してくれるかっといったらそれはYesではないから。
そんなナツの苦しみを、伝えようとしたい気持ちを演じる時に、仁クンもそれを感じることもできて、
何か貫きたいものがあるっという思いを演技をしていく中で少し共感しながら、バカだなぁっと思いながら(笑)、ナツを演じてるのかなっと思いました。

ラブシーンの話などでは、“ぐちゃぐちゃになってほしい”としか伝えない監督に、
“卑怯だなぁ、「じゃあもう、思うようにやりますよ!」”っていったら
“そうしてくれ”っと監督。笑
もうそんなやり取りがとっても聞いてる方は面白くって(←面白いシーンじゃないから面白いは失礼かな^^微笑ましいかな。笑)
それって、最初っからどんなふうにぐちゃぐちゃになるのかその時の仁クンの素直な感情でいいっと。
監督の中の絵コンテは真っ白で、そこに仁クンに色をつけてほしかったのかな?と。
ナツだったらどうだったか、きっとナツを演じている仁クンが一番その時のナツの心に近くて、それは小林監督が描いたものと同じかもしれないし、違うかもしれない。
それでも仁クンの演じたナツがきっと一番なんだと思ったんでしょうか。
でも、それを委ねることを口にしないで、あのやりとり。
聞いてるほうは面白いような、とっても息が合っている信頼しあってる雰囲気が、その場の空気も良くしていくように思えて、いい関係ができ上がっていたんだろうなっと^^
お陰で私達は、仁クンが感じたままにぐちゃぐちゃなナツのラブシーンを観ることができるんですね^^(楽しみ♪)

ナツは、小林監督が生きてきた瞬間に近いのかな。
仁クンは、映画に出演したことによって自分との共通点もあれば、新たに影響を受けたこともあったらしく。
小林監督もまた、仁クンとは違った感覚で感性を持ってる存在だからこそ、作品を通して小林監督との出会いも、ナツの存在と同じように仁クンにとってまた、新しい刺激を与えてくれてそして知ることが出来たんじゃないでしょうか。
このBANDAGEを通して仁クンがまたひとつ刺激を受けることができて、仁クンも話してたように、これからの仁クンの音楽性にも何かしら変化、もしくはスパイスとして備わっていくのかもしれないということ、それは私達にとっても、楽しみが増えましたよね^^

映画は初出演、初主演の仁クンですが、“自由に伸び伸びと演じさせてもらった”と。
BANDAGEは、見た人の数だけとらえ方もあって、“僕ら作り手側の説明はいらないような気がします”と。
きっと仁クンの感じたままのナツが、スクリーンに映るんでしょうね。
私も、仁クンがいう“目に見えないつながり”を感じることができるといいな。
なんか、ホントもう懐かしい気持ちで、青春(笑)に触れることができそうです^^


思うがまま、だらだら書いてしまいました。
でも、仁クンの言葉がたくさんあって嬉しかったンです。本当に(=゚-゚))

テーマ赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

ジャケ写♪

ajinちゃん、こんにちは♪
さっきはメールありがとうございました!
早速見てきましたよーーー!哀愁漂うフードの仁クン。
もう一枚は、ナツらしい白Tの仁クン♪
いや~ん、どちらも素敵です!(←密かに「BANDAGE」の文字が色違いなだけだったらどうしよう・・・なんて思ってましたから・・・/苦笑)
アーティスト名はLANDSだけど、仁クンが一人のジャケ写♪
感無量ですよね。(←これ買いに行った時、二ヤケないように気をつけなくっちゃ!/苦笑)

昨日(深夜なので今日?)は遅くまで仁クンのこと考えてたんですね。
このエントリーをUPしてる時間がものすごい深夜ですもん。

『思うがまま・・・』←「cinema☆cinema」を読んでると、仁クンの想いを感じていろんなこと語りたくなってきますよね。
少しでも仁クンの気持ちに近づきたいって言うか・・・。
ホント、語り始めたら止まらないです。

なのに、なのに・・・・。
悲しいかな、今朝本屋さんからの電話で、「搬送中に破損が見られますので、チェーン店から取り寄せますから明日になります。」
なんとーーーー!(爆)ショックーーーー!(泣)
でも、表紙の仁クンが傷んでるのはいただけない!
うん!絶対に綺麗な仁クンじゃないとダメですよね。
だから、ホントよかったです。ajinちゃんからお裾分けしていただいてて・・。
なんとか、明日まで携帯の仁クンで我慢します。(笑)

そうだ!もしかしたら、今晩の「NEWS ZERO」で仁クンに逢えるかもしれないし♪
明日もWSは万全の体制で捕獲しましょうね~♪

sayuさんへ♪

こんにちは^^コメレスが遅くなってしまってごめんなさい
もう次から次へ、仁クンが溢れていてバタバタですが、嬉しい気持ちでいっぱいです☆
シネマ大丈夫でしたでしょうかぁ
無事、綺麗な物がお手元にきたでしょうか
待たされた分、内容の素晴らしさに救われたんではないでしょうか
(それでも、本当に・・・搬送中の破損はもう無しでお願いしますー

ジャケ写、アップしましたね^^
フードの仁クン、表情も肌質までも(←写真の撮り方?色や質感の出し方?)本当に哀愁漂う、ナツを思わせる写真で、素敵でしたね~
最近、やたらホワクリのPVが見たいなぁ~っと思い、PVを引っ張り出して見ていたら、
あっ ナツや!っと気がつきました。(←遅っ)
sayuさんも見てたんですね~(ヒトチャンブログ読みました^^)
同じやぁ~
やたら逢いたくなる訳です^^
期間限定盤のVネックに白Tシャツの仁クンは完全にナツ使用でしたね~
顔は仁クンだったような気もしますが(笑)
ジャケ写に仁クンが、バーンと写っているのを見て、またまた感動してしまいました。
本当に、や~んですよねっ☆
(色違いだけじゃなくってよかった。笑)
買いに行ったとき店員さんに、「こちらでよろしいですか?」なんて聞かれたときには
絶対顔が笑ってると思います。(←堪えましょう~爆)
シネマは、かなり読み入ってしまいました。
仁クンの言葉で、仁クンを凄く近くに感じることが出来て、
読んでいて幸せでしたし嬉しかったです♪
プロフィール

ajin

Author:ajin
2児のママです!
赤西仁クンの笑顔がずっと続きますように、応援してます♪
ヨロシクお願いします★
v(*'-'*)♪



47RONIN
映画『47RONIN』公式サイト 2012年12月公開
NEWおすすめ
U.S.A
JIN AKANISHI YELLOW GOLD TOUR 3010
 

 

UTBHollywood
 UTBHollywood
BANDAGE
   
2010年7月23日
『BANDAGE バンデイジ』DVD&Blu-ray 発売!
 

“『BANDAGE』DVD&Blu-rayプロモーションサイト新設” オープン!
→こちら

≪豪華版DVDの特典詳細≫
BANDAGE DVD画像 
◆初回限定封入特典
・パスケース
・リストバンド
・28Pブックレット
◆特典DVD(108分)
・イベント映像集
完成披露試写・大ヒット祈願・初日舞台挨拶・39舞台挨拶
・LANDS LIVE スペシャルバージョン
Olympos・元気~勇気
※劇中ライブシーンのスペシャルバージョン!別アングルからのショット、未公開カットを加え再編集した迫真のライブシーン!
・MAKING OF BANDAGE
※未公開映像満載。撮影風景やインタビュー、カットされた未公開シーンなどを収録、『BANDAGE』の世界に迫る
・オールキャストインタビュー(公開記念特番より)
・「特別対談 小林武史&岩井俊二」(NEWS ZERO特別版「BANDAGEの世界」より)
※NEWS ZERO特番の素材をもとに編集したものです ・予告&TVスポット集
・劇場予告
特報・本予告
・TVスポット集
ティーザータイプ・ラブ編・コメント編・板東英二さんノーマル編(未公開)・板東英二さんコメディ編(大阪・名古屋限定タイプ)・日テレダベアアスポットCM(3秒)

※初回封入特典の詳細
こちら
最近の記事+コメント
全タイトルを表示
カテゴリー
リンク
☆大切な仁友さん☆
素材屋さん。
ふわふわ。り mattarihonpo Fine BOUS
ありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。